モリンガが人気になった理由を知ろう

モリンガは健康や美容の世界でよく話題に上るようになりました。現代になって生まれてきた食品というわけではなく古代から自然界に存在していてミラクルツリーとも呼ばれています。なぜ近年になってから注目されるようになったのでしょうか。

人気が高まって多くの人から期待されるようになった理由を確認しておきましょう。

モリンガと大麦若葉のそれぞれの特徴の比較と摂取する際の注意点

モリンガが人気になった背景を知ろう

モリンガは古代のインドやローマなどでお茶などにして食されてきた植物で、日本でも生産が行われています。植物の一種でワサビ科に属していて、ワサビと同様に根だけでなく茎や葉、花なども全て食べられるのが特徴です。

これだけではただ歴史があって食経験がある草の一種というだけですが、モリンガが食品として人気になった背景には理由があります。健康や美容に対する関心が世界的に高まり、より元気になりたい、もっと美しくなりたいという人が増えました。

その方法として食べるものに着目するアプローチがよく選ばれるようになり、栄養が豊富に含まれていて健康や美容に良いものが絶賛されるようになっています。モリンガはこの点から現代人の食事では不足しやすいものを幅広く補うことができ、健康や美容にもプラス効果を期待できるので注目されるようになりました。

緑色の野菜によくあるようにカリウムや鉄分、カルシウムといったミネラルが豊富で、ベータカロチンもたくさん含まれています。食物繊維やポリフェノールのようにおなかの調子を整えたり、抗酸化作用を持っていたりする成分の含有量も高く、必須アミノ酸も含んでいるのが特徴です。

この他にも様々な栄養が含まれていることから毎日食べる魅力が大きい食品として高く評価されるようになりました。それがきっかけで粉末茶やサプリメントなども生産され、人気が高まってきたのです。古代には薬用として用いられてきた経緯もあってモリンガの効果や効能についても研究が盛んに行われるようになりました。

その結果として炎症を抑えることができるといった実験結果や、抗菌作用を示す結果も報告されています。モリンガの有用性の根拠もだんだんと見つかってきたことによりますます世界的に支持を得るようになってきています。

本当に有名になったのはスーパーフードになったから

モリンガが本当に世の中で注目されるようになったのはスーパーフードになったからでもあります。スーパーフードという響きだけでも魅力的な食品ではないかというイメージを持てるでしょう。スーパーフードはただメーカーが銘打っているものではありません。

スーパーフードという言葉が使われ始めた当初はガイドラインなどもありませんでしたが、米国で基準が設けられたのを受けて日本でも日本スーパーフード協会がスーパーフードの定義や基準を設けています。アメリカで定義されたスーパーフードではスピルリナやココナッツ、チアシードやヘンプシードなどが代表例としてよく知られています。

スーパーフードとして認められているものもだんだんと増えてきていて、ゴールデンベリーやアセロラ、ケールやアボカドなど多岐にわたる食品がスーパーフードと呼ばれるようになっています。アーモンドやクルミ、ハト麦やそば、赤米や黒米などもスーパーフードになっていて、よく健康や美容に良いと宣伝されている食品がだんだんと含まれてきているのが現状です。

モリンガもその一つとして認められてから大々的に宣伝広告が行われるようになり、急速に知名度を上げたという経緯があります。

スーパーフードの定義と基準

モリンガの人気が上がった理由としてスーパーフードに認められたことが挙げられるとなると、そもそもスーパーフードとは何なのかが気になる人もいるでしょう。日本スーパーフード協会では定義と基準を設けています。

スーパーフードの定義は二つあり、基準は一つにまとめられています。定義の一つ目は一般的な食品よりも栄養価が高くて栄養バランスが良い、または突出して含まれている栄養や健康の成分があることです。二つ目は料理にも使えて健康食品にもなり、食品とサプリメントの中間に位置することとされています。

まさに万能性があって健康のための素晴らしい食品だからこそスーパーフードという名前が冠されていると言えるでしょう。基準については食歴の長さが重視されていて、何世紀にもわたる食経験があって健康に寄与してきたことが求められています。

それによって有害性や安全性が明確になっていることが条件なのです。機能性重視で新たに食品として作り上げられたものではなく、歴史的に見てずっと食されてきたことが必要なので該当するものは決して多くはありません。

モリンガはこのような厳しい基準を乗り越えてスーパーフードになったのです。

さらに人気が高まった理由とは

モリンガはスーパーフードになった後、さらにマスコミが積極的に取り上げたことにより人気が急騰しました。モリンガをおいしく食べられるように工夫したお茶や、気軽に飲めるサプリメントが開発されて消費者にとって利用しやすいものになって注目度が高まったからです。

スーパーフードとしての認定が後押しして人々から注目されるようになった典型的な食品と言えます。

今後のモリンガの動向

モリンガは自然界にも存在していますが、食品としての利用が進められている影響で農場での栽培が活発に行われるようになりました。天然のモリンガを東南アジアなどから輸入して加工しているケースが多いのが現状ではあるものの、だんだんと生産が拡大してきています。

スーパーフードとしての地位を確立したことを考慮すると、今後も多くの人から健康や美容のための重要な食品として注目されると考えられます。今後のモリンガの人気がどのように変化していくかを予想するのは難しいですが、支持者が増えていることから多くの人に好まれる栄養源としての地位を維持し続けるでしょう。

健康と美容を重視するトレンドが続く限りは人気が絶えないと考えられるのです。

モリンガは栄養価が高いスーパーフードだから人気

モリンガの人気が高まったのは食経験が豊富で現代人に不足しがちな栄養素がたくさん含まれているからです。健康や美容を重視する世の中になり、スーパーフードとして認められるほどの栄養価があると知られるようになって急速に注目されるようになりました。

支持者も増えているので今後も注目すべきスーパーフードの一つです。

関連リンク-モリンガ|HBSモリンガストアhttps://www.moringa.jp/